日本農学会

日本農学会事務局

日本農学会シンポジウム

日本農学会シンポジウムは、平成16年度まで加盟学協会内で講演者を選出し毎年4月5日の日本農学大会において行ってまいりました。

平成17年度からは、加盟学協会を問わず日本農学の当面する課題に関するシンポジウムテーマを掲げ、それに精通した専門家に講演を依頼し、 若手研究者を主な対象としたシンポジウムを毎年10月に開催しております。

平成28年度シンポジウム 山の農学 ―「山の日」から考える 平成28年10月8日(土)開催

年度 統一テーマ(シンポジウム紹介ページにリンク) 開催年月日 成果
概要書
H27 国際土壌年2015と農学研究-社会と命と環境をつなぐ- H27年10月 3日
H26 「ここまで進んだ! 飛躍する農学」
H26年10月 4日
H25 「農学イノベーション
-新しいビジネスモデルと食・農・環境における技術革新-
H25年10月 5日
H24 「東日本大震災からの農林水産業と地域社会の復興」 H24年10月13日
H23 「環境の保全と修復に貢献する農学研究」 H23年10月 8日
H22 「農林水産業を支える生物多様性の評価と課題」 H22年10月 9日
H21 「世界の食料・日本の食料」 H21年10月10日
H20 「地球温暖化問題への農学の挑戦」 H20年10月11日
H19 「外来生物のリスク管理と有効利用」 H19年10月13日
H18 「動物・微生物における遺伝子工学研究の現状と展望」 H18年10月14日
H17 「遺伝子組換え作物研究の現状と課題」 H17年10月15日
H16 「農が支える安全・安心な暮らし」
H15 「21世紀における循環型生物生産への提言 Part2」
H14 「21世紀における循環型生物生産への提言」
H13 「農学領域におけるゲノムサイエンスの展開 Part 2」
H12 「農学領域におけるゲノムサイエンスの展開」
H11 「アジアにおける環境と生物生産の現状と将来 Part2」
H10 「アジアにおける環境と生物生産の現状と将来」
H 9 「新しい遺伝資源の開発」
H 8 「新しい遺伝資源の創造」
H 7 「わが国の食糧と日本農学―イネを中心として―」
H 6 「人類の生存と生物生産 Part2」
H 5 「人類の生存と生物生産」
H 4 「21世紀の農学像をさぐる」
H 3 「地球環境と農業・人間生活をとりまく諸問題」
H 2 「地球環境と農業をとりまく諸問題」
H元 「国際化時代の農学と日本農業 Part2」

 成果概要書は、養賢堂ホームページの当該書籍情報へのリンクです