日本農学会

日本農学会事務局

日本農学会規則

日本農学会規則(平成20年1月25日改訂、実施)

第1章 総則
第1条 本会は日本農学会と称する。
第2条 本会は農学に関する専門学協会の連合協力により、農学およびその技術の進歩発展に貢献することを目的とする。
第3条 本会は事務局を東京都文京区弥生1-1-1に置く。
第2章 事業
第4条 本会はその目的を達成するため次の事業を行う。
1.各学協会の連絡、協力およびその内外に対する総合活動
2.日本農学大会の開催
3.業績の表彰および研究の奨励
4.その他本会の目的を達成するために必要な事業
第3章 会員
第5条 会員は農学に関する専門学協会とする。
第6条 会員は次の事項を本会に通知しなければならない。
1.選出評議員および運営委員の氏名
2.所属学協会員数および役員の名簿
第7条 本会に入会しようとする学協会、あるいは本会より退会しようとする学協会は本会にその旨を申出で、評議員会の承認を得なければならない。
第4章 役員
第8条 本会に次の役員を置く。
会長1名、副会長2名、評議員 第11条に定める数、運営委員 第11条に定める数、常任委員6名、専門委員若干名、監査委員2名。
第9条 会長は会務を総理し本会を代表する。
副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はその職務を代理する。
評議員は予算その他第17条第1項に掲げる重要な事項を評議決定する。
運営委員は本会の常務を執行する。
常任委員は本会の庶務,会計,企画等の業務を執行する。
専門委員は、会長の求めに応じて、専門事項の処理を担当する。
監査委員は本会の会計を監査する。
第10条 会長、副会長は評議員の選挙によってこれを定める。
第11条 評議員および運営委員は会員たる各学協会がこれを選出する。
評議員は各学協会の役員であることを要し、会員1,000名以上を有する学協会にあっては2名、1,000名未満を有する学協会にあっては1名とする。
運営委員は、各学協会1名とする。
第12条 常任委員6名は、運営委員のうちから会長が指名する。
第13条 監査委員は評議員会において評議員中よりこれを選挙する。
第14条 各役員の任期は2カ年とする。ただし再任を妨げない。
第15条 役員中欠員を生じ補充の必要あるときは第10条、第11条、第12条および第13条によりこれを選出する。後任者の任期は、前任者の任期の残存期間とする。
第5章 会議
第16条 会議は評議員会および運営委員会とする。
第17条 評議員会は次の場合に会長がこれを招集する。
1.予算の決定、決算の承認および大会開催の決定、日本農学賞の受賞者の選考決定、会長、副会長、監査委員の改選、入会および退会の承認、 本会規則の改正、その他とくに重要と認められた事項の審議
2.評議員定数の3分の1以上から請求されたとき
3.監査委員より請求されたとき
第18条 評議員会は会長、副会長および評議員を以て構成し、評議員現在数の3 分の2 以上の出席を以て成立する。評議員に事故ある場合はその評議員の所属学会は本会会長の承認を得て代理人を出席させることができる。 この場合代理人は当該学協会の役員でなければならない。
議長は会長がこれに当る。 会長は必要に応じ運営委員を評議員会に出席せしめることができる。ただし議決には加わらない。
第19条 評議員会の議事は出席者の過半数の賛成で決し、可否同数の時は議長の決するところによる。本会規則の改正には3分の2以上の賛成を要する。
第20条 運営委員会は必要に応じ会長がこれを招集する。運営委員会は運営委員の過半数の出席を以て成立する運営委員に事故ある場合はその所属学協会の会員を代理人として出席させることができる。
第21条 会長が必要と認めたときは、評議員会の承認を得て運営委員会のもとに特別委員会を置くことができる。
第6章 会計
第22条 本会の会計年度は毎年1月1日に始まり、12月31日に終わる。
第23条 本会の経費は正会員よりの会費、寄付金、その他の雑収入を以てこれにあてる。
第24条 会計の決算は年度経過後2カ月以内に監査の査定を経て評議員会に提出しその承認を得なければならない。
第7章 会費
第25条 会費は予算に基き、次の方法により会員より徴収する。会費予算額の内一部を各学会平等に負担し残額を各学会の会員数により按分して 負担せしめる。会員数は前年10月末現在を以てする。
第26条 会費の納期はその年度の1月末とする。
第8章 著作権
第27条 本会の刊行物の著作権は本会に帰属する。
附則
第28条 本会の会務執行のために必要な規定は評議員会の議決を経て別に定める。
第29条 本会の会員は別紙の通りである。

別紙(順不同)
園芸学会、(公社)砂防学会、システム農学会、実践総合農学会、樹木医学会、植物化学調節学会、森林計画学会、森林立地学会、日本育種学会、 日本応用糖質科学会、日本応用動物昆虫学会、日本海水学会、日本家禽学会、日本国際地域開発学会、日本砂丘学会、日本作物学会、 (一社)日本蚕糸学会、日本雑草学会、日本芝草学会、日本植物病理学会、(公社)日本獣医学会、(公社)日本水産学会、(一社)日本森林学会、 日本水産工学会、日本生物環境工学会、日本草地学会、(公社)日本造園学会、(公社)日本畜産学会、日本動物遺伝育種学会、日本土壌微生物学会、 (一社)日本土壌肥料学会、日本熱帯農業学会、日本農業気象学会、日本農業経営学会、日本農業経済学会、(公社)日本農芸化学会、日本農作業学会、 日本農薬学会、日本繁殖生物学会、日本フードシステム学会、日本ペドロジー学会、(一社)日本木材学会、農業食料工学会、農業施設学会、農業情報学会、(公社)農業農村工学会、 農村計画学会、木質構造研究会、林業経済学会。

↑ ページの先頭へ