日本農学会

日本農学会事務局

概略

『日本農学会』は、総合的(広義の)農学系学協会の集合体で、各学協会が会員です。

『日本農学会』は、農学に関する専門学協会の連合協力により、農学およびその技術の進歩発達に貢献し、総合統一された農学の発展を目指す連合体として設立されました。昭和4年(1929)11月に設立総会が開催され、昭和5年(1930)から活動を開始しています。

ところで、地球環境および資源の有限性が明白になった21世紀においては、資源循環型社会の創造は全人類的課題でありますが、それは日本農学会の目指す農学の課題でもあります。農学というと、一般に農業に直接関係する学問のみを意味すると誤解されがちですが、それは狭義の農学です。

日本農学会の対象とする農学とは、狭義の農学、林学、水産学、獣医学等はもとより、広く生物生産、生物環境、バイオテクノロジー等にかかわる基礎から応用にいたる広範な学問全般を含んでいます。

即ち、日本農学会は、農学を、人類の生存と発展に貢献することを究極の目標に、自然科学と社会科学の基礎から応用までの幅広い分野を包含する総合科学としての農学の発展と普及を使命とする学会です。


設立当時は16学会であったのが、今日では学問的深まりに伴う研究分野の細分化によって49学会と増えています。(平成28年4月現在)

『日本農学会』は、現在主に次のような活動をしています。

  1. 各学会の連絡、協力およびその内外に対する総合活動
  2. 毎年4月初旬における日本農学会大会(日本農学賞授与式・受賞者講演・パネルディスカッション)
  3. 日本農学賞の選定・授与、読売農学賞候補者の選定
  4. 日本農学の当面する課題に関するシンポジウムの開催
事務局 -お問合せ先-
  • 住所: 〒113-8657 東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内
  • 電話: 03-5842-2287   FAX:03-5842-2237   
  • E-mail: メールクリック
新規入会申請について
  • 新規入会申請は随時受け付けております。希望される場合には、まずは事務局までE-mailでご連絡ください。
  • 入会条件は日本農学会規則の運営細則をご覧ください。

日本農学について